第19回 同窓会(18.01.02)

 2018年1月2日、寿屋にて第19回今治西高第23回生同窓会が開かれました。この日16:30、西高正門前に同窓生が集合し、新しい体育館や懐かしい校舎を眺めながら散策し、記念写真も撮り、歩いて寿屋まで行きました。校舎を見ながらの会話は、みなさんもうすでに若返っています。

 クーチン様と武田先生の挨拶、日浅君の事務報告、そして藤井君の乾杯の音頭で会は始まりました。子育てを終わっても親の介護をしている人、新しい分野に挑戦している人、さまざまな人達ですが今西23回生であることに変わりありません。ここでは同じ穴のムジナの連帯感はあります。こういうコミュニケーションで新しい刺激を受けて、アンチエイジングに役立てたいものです。同窓会案内はがきの返信コメントは回覧されましたが、その一言にも郷愁を感じるものが多かったです。
 2016年度県展工芸部門で特選に選ばれた麻生周平君の、その作品制作のいきさつと意気込みの発表がありました。(このブログ、第54回かっちゃん会でその作品写真を紹介しています。)
 鴨川君によるくじ引きの賞品授与があり、長井君のエールによる校歌斉唱もありましたが、毎度のことながらこの校歌にはしびれます。
 赤尾君の締めの挨拶には、親の介護の都合で来られなくなった柚山先生との、子供を介して今なお繋がっているエピソードの披露がありました。

 二次会は桧垣食堂のお世話になりました。次回は東京オリンピックの年なので、オリンピックを見ながらの同窓会にならないものかという要望を聞きながらのお開きになりました。アルバムへ。

〈追記〉次回のかっちゃん会の予定は、2月17日(土)です。2月10日(土)に変更します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック